FC2ブログ

スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタディールーム、やっと完成です①  無印の家具で壁一面を本棚に。

 29,2016 21:29


リノベーションの際 


3部屋ある個室のうち、ひとつをスタディールームとしました。 


最初はゲストルームにする気持ちもありましたが、 そう頻繁に泊まりでのお客様が来ることもなく…。

 主人が仕事を持ち帰ることもあるので、 家族みんなで使えるスタディールームに決定しました。



以前ご紹介したムスメの部屋は 「眠るところ」と「遊ぶところ」そして「ムスメグッズの整理」の三点を重視した部屋になっているため、 

小学校に入学したムスメの学習も、このスタディールームで行っています。 


ムスメの部屋のWEB内覧会はこちら→★





ある日の公文の光景。

   


韓国の公文は週に一度、担当の先生が訪問授業をしてくれます。 


週一での訪問。


旧居では、部屋の狭さに加え、あまりの物の多さに、この訪問前の大掃除が精神的に負担でした。



が、今回お勉強する部屋を固定したことで、 

公文の先生がいらしている時も、 

わたしはリビングで家事を続けることも出来るし、 

スタディールームは玄関の真向かいに位置するので、入っていただくのに家の中をお通しする必要もなく、 


週一訪問に負担がなくなりました。 



またムスメも「スタディールーム=お勉強するところ」の認識が出来たらしく、 

毎日の公文の宿題も、絵本を読んでの読書録の宿題も、 

スタディールームだと「やらなきゃいけないもの」として取り組んでくれるようになりました。 

スタディールームに行くまでが時間かかったりもしますが。汗 






そして、旧居より本棚+飾り棚+色々収納として大活躍してくれている無印のシェルフ。


スタディールームにて引き続き大活躍中です。 



が、

上の写真を見ても分かるとおり 書籍が多すぎて収納率120%な、とってもギツギツな状態。




海外在住のわたしにとって貴重な日本の書籍。 


もう読まない、と分かっているものは欲しい人に譲るなり、都度リリースしてきましたが、 いつ読み返すか分からないものは、やっぱり手許に置いておきたい。 


書籍だけは死ぬまでミニマリストになれないだろうな… 


ただ、無尽蔵に増え続けるのは現実的に無理な話なので、一応「この本棚に収まるだけ」を基準にしてきました。 


が、これがまた曲者でして、、、 


今もギリギリ収まってはいるんです。 

が、文庫本なんかは一列に前後上下でビッチリ収納になってしまっていて…(つまり一段4列...汗汗) 


お目当の本が探せない、、、という哀しい事態になっています。




と言うわけで、前置きがとても長くなってしまいましたが、シェルフを追加することにしました。




旧居のリビングサイズに合わせて購入したスタッキングシェルフは、 

5段のLサイズ+Sサイズ+Lサイズ+Sサイズという組み合わせ。 


ここに、もう一列Lサイズを追加します。 


 


手前の洋服掛けも無印のもの。 これは次回ご紹介させてください。 




壁の幅ギリギリなので、施工するため、 


本棚に収まっているすべての書籍や小物類を出しました。 

この作業だけで約2時間…

   

ひぇー汚部屋が現れました! 







Lサイズを追加したところ、約5センチの隙間を残して、ピッタリ収まりました。

   


計ったようなピッタリ感が気持ち良い! 


ちなみに大変な設置作業は無印の担当者さんがしてくれました。

韓国の無印良品、4万円以上(かな?3万円かも…)のお買い物をすると、

配送及び設置作業が無料になります。 

日本より料金設定が高めですが、このサービスは嬉しい☆ 







そして、この追加用シェルフだけでなく、 実はもう一列単体でも購入しました。 


スタッキングシェルフのLサイズ。こちらも5段です。 


 


こっちはさらに横幅がピッタリ! 




ここにはアルバム類や取説なんかの書類系を収納することにしました。 


増え続けるムスメの学習資料もこちらに。 




というのも、この単体シェルフは、ベランダを拡張した時に削ることの出来なかった構造壁の奥に位置しているため、 

スタディールームの入り口からは死角になり、部屋の中に居てもほとんど見えない位置にあります。 

(公文の先生の座位置からも死角になります←これ重要です!笑)





スタディールームの壁一面の本棚は、 

完全なる「見せ収納」 出来るだけ生活感の溢れるものは置きたくない!と思っています。 



同じオープン収納ではありますが、 

こちらは死角になるのを良いことに、実用性重視の収納になりそうです。 




そして、ここまで書いてきてなんですが、実はまだ本棚整理が終わっていません、、、 



と言うわけで、ここまででも相当長いくせに、その②に続きます。 


良かったらまた遊びに来てやってください σ^_^;

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


「見せ収納」を上手く出来るかな~~




関連記事
スポンサーサイト

Comment - 2

2016.05.01
Sun
07:24

ペペロ #-

URL

はじめまして!同じく韓国在住のものです。ソウル郊外に生息しています。


インテリアには詳しくないのですが、少しでもセンスを磨かせていただこうと、いつもうっとりと拝読させてもらってます。

本当に素敵なおうちを作られてますね!
スタディルーム、我が家も小学生の息子がいますので、興味深く見せてもらいました!無印のスタッキングシェルフで壁一面の本棚、いいですねぇ!!
わかりますよ。日本語の書籍、増えていきますよね。うちは絵本、児童書の量がすごい上、夫もバンバン本を買う人なもので。。
デスクも広々として、勉強しやすそうですね!明るく開放的で、気持ち良いお部屋ですね。

ほんと、韓国でリモデリングの打ち合わせ、現場での立会い、大変なご苦労だったことと思います。妥協せず、自分の考えを伝えていかれて、その姿勢に心打たれました~!

これからも楽しみに見せていただきますね!

編集 | 返信 | 
2016.05.01
Sun
12:08

sucia #-

URL

To ペペロさん

初めまして(^ν^)遊びに来ていただきありがとうございます。同じ韓国在住!嬉しいです☆
しかも同じ小学生児童の親なんですね〜〜

ウチの主人は全く本を読まない人なので、彼の本がほとんどない分、助かってます。笑

ムスメのは日本の絵本が主体で、韓国の絵本は学校の図書館を主に利用してます。
絵の素敵なものは韓国のもたまに購入しちゃいますが。

というわけで、本棚の本は80%がわたしのもの…。責任持って片付けないと、、、汗

編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。